函館市へ

函館市議会に昨日4時間かけてやってきました。

横浜市も人口減になります。そんなことも踏まえて、南北海道定住自立圏構想のお話しを聞かせて頂きました。

地方圏において,安心して暮らせる地域を各地に形成して,地方圏からの人口流出を食い止めるとともに,地方圏への人の流れを創出することを全国的な見地から推進する施策です。

・・・

「定住自立圏形成協定」は,中心市宣言を行った中心市と,その近隣にある市町村が,人口定住のために必要な生活機能の確保に向けて,それぞれ1対1で締結するもので,各市町村において,その締結または変更に当たって,地方自治法第96条第2項に基づく議会の議決を経たものをいいます。
函館市および渡島・檜山管内17市町は,定住自立圏形成協定の締結に関する議案を各市町議会平成26年第1回定例会に提出し,すべての議会で原案どおり可決されました。
これを受けて,平成26年3月27日に「定住自立圏形成協定合同署名式」を開催し,渡島・檜山管内17市町との間で定住自立圏形成協定を締結しました。

ア 医療
当圏域における人口 10 万人あたりの医師数は 214.5 人で,全道平均 240.5 人を下 回っており,第二次医療圏別に見ると南渡島では 227.8 人と全道平均を若干下回っ ているのに対し,南檜山,北渡島檜山ではそれぞれ 127.7 人,134.7 人と大幅に下 回っており,地域間の医療環境に大きな格差が生じています。
中心市にある市立函館病院は,南渡島,南檜山,北渡島檜山を合わせた三次医療 圏(道南)の中核医療機関として,三次救急医療機関(救命救急センター),ドクタ ーヘリの基地病院,地域がん診療連携拠点病院,脳卒中の急性期医療を担う医療機 関など様々な役割を担っているほか,三次医療圏内の他の自治体病院への医師派遣 を行い,医療関係者同士のネットワーク形成に努めています。

イ 福祉
1 障がい者福祉
「地域生活を希望するすべての障がい者が安心して地域で暮らせる社会づくり」 を進めるためには,相談支援を中心とする地域の実情に応じた地域生活支援体制 の充実が必要です。
また,障がいのある人が自らの選択と決定により,自主的に行動し,その行動 に責任を負うとともに,社会を構成する一員として社会,経済,文化その他のあ らゆる分野の活動に参加し,生きがいを持って生活できるような地域づくりが必 要です。

ウ 産業振興 1 広域観光
当圏域における観光入込客数は,景気低迷の影響もあり,平成 20 年度以降減少傾 向にありましたが,平成 24 年度以降は回復傾向に転じており,平成 28 年度は北海 道新幹線の開業効果もあり 1,373 万人まで増加しました。平成 29 年度は開業効果も 落ち着きましたが,今後さらに観光客を呼び込むためには,当圏域における周遊観 光の促進など広域的な取組が必要です。
一方,平均宿泊数については,平成 23 年度以降ほぼ横ばいで推移しているため, 今後,宿泊数を増加させ,消費単価を上げるための滞在型観光・広域観光に注力す る必要があります。
また,外国人観光客については,近年大幅な増加傾向にあり,当圏域においては, 台湾からの観光客が大半を占めている状況にあります。今後においては,外国人リ ピーター向け観光資源の創出はもちろん,外国人観光客の満足度を向上させるため の体制整備を進めていく必要があります。

2 地場産業
北海道人口ビジョンによると,2014(平成 26 年)における転出入状況では,当圏域は転出超過(-2,158 人)となっており,進学・就職等による札幌圏や首都圏への 転出が主な要因と考えられています。
圏域内に人が定着するためには,地域経済の活性化を図り,安定的な所得が得ら れる就業の場を確保することが必要です。基盤となる産業の強化と雇用の拡大・創 出を図るため,地域の資源を活かし,観光関連産業の振興や物産の販路拡大,起業 化支援などの推進が求められています。

ウ 交通ネットワーク等
当圏域においては,平成 28 年 3 月の北海道新幹線の開業によって,高速交通ネッ
トワークの強化が図られましたが,圏域内相互での移動を容易にするための二次交 通の取組が必要です。
また,交通ネットワークを移動手段としてのみ捉えるのではなく,将来的には, 医療や福祉分野との連携など,これまでの枠にとらわれない取組についても検討し ていくことが求められます。

エ 地域国際化 外国人観光客の増加を背景として,その受入環境の整備が課題となっています。 ハード面での環境整備はもちろんのこと,圏域全体がコミュニケーション能力を向上することにより,外国人観光客や在住外国人が快適に過ごすことのできる環境 を演出し,さらなる交流人口の増加を図ることが必要と考えられます。

オ 人材育成等 昨今の人口減少や高齢化など,社会・経済情勢の変化や住民ニーズの多様化に伴
い,行政が担う役割は高度化・複雑化してきています。こうした中,地域資源を活 用し,圏域のさらなる発展を図るため,自治体職員の企画・立案能力の向上や圏域 内職員等の交流を深めることが重要となってきていることから,圏域内での職員研 修情報の共有や、合同研修の実施などを行うことにより,圏域全体のマネジメント能力を向上させることが求められています。

藤居芳明さんの写真藤居芳明さんの写真

 

札幌市へ

大都市行財政制度特別委員会の行政視察で札幌市議会に参りました。札幌市と周辺12市町村の広域連携について勉強させていただきました。

①北海道から札幌市への権限委譲
道では、分権型社会の実現、住民満足度の高い行政の実現のため、住民に最も身近な市町村が、地域の実情や住民ニーズを踏まえ、保健、福祉、まちづくりなど、総合的な行政サービスを提供できるよう、道から市町村への事務・権限の移譲を進めておられました。

②さっぽろ連携中枢都市圏・・・
この取組は、さっぽろ連携中枢都市圏ビジョンのより一層の推進を始めとし、圏域における官民が連携したまちづくり活動を促進することを目的としております。
本協定の締結を機に、「さっぽろ連携中枢都市圏『まちづくりパートナー協定』」締結企業のみなさまとさっぽろ連携中枢都市圏は、それぞれが有する資源を有効に活用しながら、共にまちづくりに取り組むパートナーとして、密接な連携のもと、圏域の魅力・活力のより一層の向上を目指しておられました。

札幌市議のたけのうちさんにようやくお会いすることができ、それぞれの場所でがんばろうとわずか5分でしたが、パワーもらって移動します。

麓理恵さんの写真

 

 

泉区ふれあい祭り

文化の日、泉区ふれあい祭りが遊水地でにぎやかに行われました。横浜泉ライオンズクラブの一員としてポップコーン販売を楽しみました。また、各テントを回ると久しぶりの方に会えるのが泉区一同で集まる良さです。変身も楽し!ラグビー、カジノ、私のゴルフコンペ、満福いずみ食堂と話題がいっぱい。笑って食べて変身しての午前中でした。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真
地元町内会はサンマ祭り。来訪者とは広い視点で意見交換。

麓理恵さんの写真

大変悲しいお知らせもありました。親しくしている方の息子さんが20歳で天国に上ってしました。病気が見つかって約10か月。大変難しい病気に彼もご家族も必死で挑戦をされていました。自宅で、ご家族や彼の友人で見送られたそうです。見送った若い人たちが、「実現人生は思うようにいかないけど、それでも生きているからには、真摯に進んでいこう。」と思ってくれたらいいな。私もそう思う。

 

 

 

 

トムトムの家フェス

タピオカ初体験です(遅すぎる)。泉区の重度重複障害者の活動拠点「トムトムの家」でトムトムフェス開催中。芋煮→シュークリーム→タピオカで満福です。かわいいバスボムとジャムを購入しました。ここでは、とにかく地域やその外に出て人や自然と触れ合うことに力入れています。利用者さんや職員の笑顔がいい!ばったり会った人はお子さんが利用されていたそうです。30歳で亡くなられたそうですが、「ここに来るとうれしそうで、本当によくしてもらった」とまた優しい笑顔。こうした場所は決して多くありません。

障害が重いほど、自宅に近いところで過ごせる場所があればいいけれど、なかなかそうもいかない。それどころか、大変数が少ない。「地域で暮らす」ことが当たり前にならなくてはいけない。

麓理恵さんの写真

 

身の丈発言

下飯田駅前で市政報告した後、山崎事務所の30歳前半の若い秘書さんと朝コメダしながら、ラインペイの使い方を教えてもらいました。そうしたら「最近、現金で支払うと損した気分になります。お金を持ち歩きたくないです。」と言う。そうなんだ。朝からびっくりしました。必死で食らいついていきたい年頃です

麓理恵さんの写真

「身の丈に合わせて…」よく使われる言葉です。でも、大学受験を控えた生徒たちにはどのように聞こえたでしょう。貧困家庭が減っていない中で、いろいろなことをあきらめずにチャレンジできる環境を作っていくことが貧困の連鎖を断ち切り、将来を担う子どもたちをそだてる。これが政治家が目指す社会ではないでしょうか。この言葉を出してしまう大臣の資質に大きな疑問を感じます。あまりの社会的反応の大きさに、今回は大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入時期を巡り、安倍政権内で2024年度以降に先送りする案が浮上していることが分かりました。先送りでいいのだろうか。先送りだけでいいわけではありません。抜本的な見直しのために生徒さん、現場の先生、地域の状況をよく見聞きしてもらいたい。

おもいっきり勉強会

満福いずみ食堂大掃除で台所がピカピカになりました。10月も終わりでちょっと年末感が出てきました。家の掃除も気になり始めました。
夜は真山参議院議員の勉強会でカジノなしのハーバーリゾート構想やギャンブル依存症対策の不十分さを凄い勢いで聞かせてもらいました。横浜港ハーバーリゾート協会の水上さんのHR構想から出た事業収益はしっかり調べられた数字でカジノに頼らない健全で安心で付加価値を生む開発になります。ギャンブル依存症問題を考える会の田中さんはキレッキレの話同様の活動量で、横浜市のギャンブル依存症対策のダメさ加減をかったってもらいました。その人がギャンブル依存!もうびっくりしっぱなし。今後の活動に大いに参考になりました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

 

今日もにぎやか

本当ににぎやかな日曜日。中田シニア福祉大会、中田商店会主催のふれあい祭り、ライオンズクラブの献血活動。理事をしている特養法人の理事会。ふれあい祭りでは、整体院も参加されていて20分1000円という破格でマッサージをしてくれるので、頼んでしまいました。よく眠れそうです。

25日先日の大雨で千葉県では10名の方がなくなったというニュースに心が痛みます。お悔やみ申し上げます。現地の方は、繰り返される災害に心折れる思いだと察します。国の集中的なそして早い支援を望みます。

麓理恵さんの写真

 

立憲カフェin立場

上飯田もみじ祭りと中田作業所のお祭りで調子に乗って買いましたが、事務所は私ひとり・・・さあお昼はどれにしよう。夜はどれになるかな。おやつもバッチリ。遠のくダイエット。でも、お買い物は楽しい。

麓理恵さんの写真

午後は、山崎誠衆議院議員主催の立憲カフェIN立場が地区センター会議室で行われました。何か地元の美味しいお菓子を準備してほしいといわれたので、ジョイカンパニーのシフォンケーキとコーヒーをご用意させていただきました。もちろん、参加者の皆さんからは、ケーキ代をいただいています。私からは、カジノ誘致に向かっている横浜の問題点や、ストップのために議員としてやって行こうと考えていることを話しました。経済の話、消費税の話、エネルギーの話とたくさんご意見を聞かせていただけました。山崎代議士は「カフェというほど柔らかくならなかった」と言ってましたが、ここにいらっしゃる方は立憲民主党についても今の政治についても意見をお持ちの方ですから、多くの方に話していただけて良かったと思います。またやりたいですね。

スクリーンに映る白い顔は先週の歌舞伎に出た私です。かつらをまだつけていないだけで、怖いやつではありません。

麓理恵さんの写真

 

母子世帯のシェアハウス

引きこもり家族会の方からヒアリングをしたり、カジノについて来訪された方と意見交換をしたり学びの午前中でした。

刺激的な午後の3時間。母子世帯向けシェアハウスの全国会議、NPO全国ひとり親居住支援機構設立総会で、シェアハウスのいろいろなあり方を知り、繋がることで生まれるパワーを見ました。不動産業でみたら決して利益をいっぱい生み出さないけど(かなりちょっと)、社会的意義があるから取り組む人のお話に感銘を受けました。とにかく皆さん明るくて、前向き!

横浜市のこども青少年局からも職員が参加していました。こうしたグループとしっかりつながりながら、住環境を整えることで貧困の回避や子育ての支援ができるという点で、支援をしてほしいです。

麓理恵さんの写真

それにしてもよく降りました。台風19号の被害からまだ復旧していない千葉や福島でも、大量の雨が降っているということです。