心のケア

松本に住む孫の春君は小学2年生。休校中から爪噛みが続いていると娘(お母さん)から連絡が入りました。年相応に腕白でわがままで甘えん坊ですが、この間のストレスはかなり大きかったのでしょう。「よくがんばったね。学校が始まって、がんばってるね。」と、話をよく聞いてあげるようにアドバイスを送りました。

学校が始まり通常に戻りつつあるというものの、子どもの受けたダメージは本当に大きかったので、簡単に「もう大丈夫」と思ってはいけない。これから1か月、3か月、半年、一年後に、それ以降にもいろいろな症状が出てくると思ったほうがいい。元気な層だからと油断してはいけない。そんな風に思います。子どもにわかる言葉で病気のことを伝え、一緒に清潔に気を付け、しっかりと話に耳を傾ける。簡単そうで簡単にできないことですが、専門のカウンセラーだけでなく、いろいろな大人がやっていかないと。

だから満福いずみ食堂に来た子どもたちに、「がんばったよね。がんばってるね。」の言葉を伝えました。早く、おいしそうに食べている様子を見たいのですが、7月もお弁当で対応させていただきます。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

あー、孫たちに会いに行きたいなぁ。嫌がってもハグハグしたいなぁ。

 

 

第2回定例会スタート

沖縄慰霊の日、横浜新市庁舎議会棟オープニングセレモニー、前を向いて新たな一歩を踏み出すというところは同じかもしれません。

戦争は相手の国との戦いだけではなく、自国の軍隊との戦いや、市民同士の戦いもあるということをしっかりと語り継いでいかなければいけません。

第二回定例会がスタートしました。オープニングセレモニーには、柔道メダリストで日本オリンピック委員会会長の山下泰裕氏が記念講演を行いました。柔道やスポーツはその素晴らしさを生活に生かしていくことだと子どもたちに伝えたいというお話は強く共感しました。しかし、私は、来年のオリンピック開催は難しいのではないかと思っています。新型コロナウイルス感染症の状況がどうなるか、それは国内だけでなく世界全体を見て考えなければなりません。オリンピックありきになって、情報が操作されるようなことはあってはなりません。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

午後からの議案関連質疑では、私ども会派から大山副団長が登壇し、補正予算の内容について、関連してIR予算について質問しました。短期間での準備本当にお疲れ様でした。
朝、前を走る車がやけに荷物多いなぁと思ったら、そがべ県議でした。よく見たら旗が載っています。駅頭の後なんでしょうね。後ろの私に気付いてくださり、信号で止まったときに手を振り合ったピンクの日産デイズ2台でした。

麓理恵さんの写真

 

県会傍聴  

岸部県議の県会一般質問をインターネットで勉強させていただきました。コロナで大きな影響をうけた子どもたちや、それを支えていく教職員の配置や働き方を丁寧に調べて質問され、前向きな答弁を引き出され、私も刺激を受けました。お疲れ様でした。よく見ると、座席が空いています。県議会はコロナ対策として半数の議員が本会議場に座り、もう半分は控室から中継を見ているそうです。

麓理恵さんの写真
今朝、前を走る車に引き回しの刑を受けている人形の様子を発見。気になって気になって。心なしか辛そうな表情。気を散らしてはいけないと、止まった時に写真に収め(?)記録しました。運転手さんが気づいたらショックを受けそうです。

麓理恵さんの写真

 

 

献血で医療を支える

コロナ禍で血液不足がニュースになっていたからだろう、9時半の開始前から多くの人が献血に集まってくださいました。私は午前中だけのお手伝いでしたが、1日で262人の受付で229人の献血ができたとの報告を受けました。「年齢制限でできないよ」とか「雨が降らなくてよかったね」とかの言葉もうれしいです。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

午後はzoomで勉強会です。1995年ごろから日教組の幼年教育部会でいつもご示唆いただいていた森田明美先生の講義でしたので、ワクワクしていました。あの頃とお変わりなく、丁寧にそしてしっかりとした資料をもってご説明くださいました。でも、午前の疲労が出て寝そうでした。(ちょっと寝ました)ごめんなさい。しかし、今こそ子どもに優しいまちづくりの視点が必要です。私たちがおぜん立てするばかりでなく、きちんと子どもの考えを聴きとる必要があります。

 

 

 

 

 

2件の会議へ

午前も午後も予定ありの土曜日は久しぶりです。

教育文化研究所の女性問題研究委員会に出席し、自己報告だけで1時間それぞれが学校現場の状況や家にいた間のことを語り、今後の活動の方向を決めました。私は久しぶりの出席で、この間の市会でのコロナ対策や、次の議会で出されている教育への補正予算、IRカジノの情勢などを報告する時間をいただきました。出席したことを喜んでくださり、真剣に話を聞いていただき感謝です。また、それぞれがいろいろなお菓子を持ち寄って配られ、コロナ太りの解消には時間がかかりそうです。

麓理恵さんの写真

午後は評議員を務める保育園の評議委員会。認可保育園に対しては、市がしっかりと運営保証をしているようですが、保育園は家庭まで気を配り、登園自粛中も連絡を取り続けたという話に、家庭の子育て支援の必要性を強く感じ泣きそうになりました。保護者も子どもたちもがんばりましたね。

二つの会合で久しぶりに会えた人たちがみなさん変わらず元気でうれしい

アフリカ議連で2年前に購入したペナンの生地で作られた浴衣。ほどいて切ってワンピースに作り替える大作戦に取り組んでいます。袖の部分をうまく利用したら、エプロンもできそうです。

中・高校生の頃、家庭課が苦手でした。冷やし中華をグループで造り、味は良かったけど、盛り付けがダメと言われたことを思い出します。盛り付け担当は私でした(味付け担当になれなかったのに)。ワンピース作成も母にやってもらいました。でも、今は、パッチワークが好きだし、どうやったら簡単にワンピースに変身させることができるか考えるのはとても楽しいです。曲線は緩やかですが、成長してる!私。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

 

 

行ってらっしゃい。

涼しい朝は弥生台駅前で駅頭活動を行いました。今週から市立小中学校は分散登校から全員登校になり、8時前にコロナ以前の登校風景を見ることができました。小学生は、6月は午前授業で給食はありません。早く給食は始まってほしい保護者の方は多いでしょう。でも、みんな前を向いて静かに食べるのって、ちょっとかわいそうです。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

来週から始まる議会を前にレクチャーを受けたり、意見交換をしたり、満福いずみ食堂の保険更新に、ライオンズクラブ最終例会まで、うーん、私の日常が戻ってきた感じです。高速道路の混雑具合も日常に戻ってきたように思います。

#国会を止めるな は残念ながらあまり広がらなかったけど、やっぱり国会は閉会となりました。元法務大臣夫妻の逮捕も総理は責任を痛感するだけ。参議院選挙に1億5千万円が流れたことは当然びっくりですが、普通の候補者にも1500万円出されていることのほうが、私的にはびっくりです。

区づくり議員団会議

泉区区づくり議員団会議がいつもより少ない区役所職員と、いつもより広い会議室で開催されました。

新型コロナウイルス対策に関する報告があり、生活などの相談の増加や感染者の状況などがわかり、私からは地域活動再開の支援と、特別定額給付金と生活保護申請について質問や要望を述べました。特別給付金についてマイナンバーカードの関係で他区では窓口に大勢の人が来訪され、三密状態であったと聞きますが、泉区は当初来訪者が増えた感はあったものの、混乱するほどではなかったということです。のんびりした雰囲気で、落ち着いて物事に取り組み地域柄が出たようです。

連合自治会町内会の活動は、来年の新年会まで中止と判断しているところがあるようです。一度歩みを止めてしまうと動き出すのにえらくエネルギーがいるものです。少しずつ日常の活動を取り戻すために、地域、役所、そして私たち議員がいっしょに考えて、ゆっくり恐れながら進めていきたいです。

飯野さんありがとう!

今朝は、ムシムシの朝、立場駅で駅頭活動を行いました。昨日一緒に満福いずみ食堂で活動したシェフの飯野さんに出会い、次のようにFBに挙げてくれました。うれしいですね。

 

出勤時にバッタリ(^^) 昨日も事務所に戻ってから休みなく立ちっぱなしで満福いずみ食堂の受付をして、今日も朝から駅頭のふもとさん。タフだなぁ。お疲れ様です!

受け取った「ふもと理恵ニュース」には生活密着情報が盛りだくさん。これ、見かけたら受け取った方がいいよ〜。特定給付金は6/13(土)までに届かなかったらコールセンター(0570-045592)に問い合わせした方がいいんだって。そして給付金を受け取っても、手持ち資金があるとして保護利用申請を先延ばしにされることはないって。
必要な人に届くといいな。
あれ?って思ったらふもとさんまで問い合わせてね。

飯野紀子さんの写真飯野紀子さんの写真

久しぶりの渋滞に日常を感じながら、新市庁舎に向かいました。23日からスタートする定例会の議案説明を聞きました。補正予算でコロナ禍対策をさらに進めていきたいです。説明会、団会議、政調会、勉強会、詰め込みはいけないなあと思いました。

梅雨入りしました。

朝はすごい風の中いずみ野で駅頭活動です。マスクの中は高温多湿ですが。ここでも久しぶりにお会いする方々との挨拶を交わせることがうれしいですね。学校の再開に関することや、IR市民説明会の動画配信や、様々なコロナ関連ニュースをお伝えしました。

麓理恵さんの写真

【本日の満福いずみ食堂】

・焼き鳥丼
・インゲンの胡麻和え
・パプリカとキノコのソテー

梅雨入りしちゃいましたね。雨の中、どれくらいお弁当が必要か分からなかったけれど、4月からの2ヶ月間、毎回表に立って声かけをしていたおかげで、地域にもかなり周知されたようで、たくさん訪れてくれました。

まだまだ気が抜けない日々が続くけれど、月に2回、満福いずみ食堂のお弁当で少しでもゆっくりできる時間が持てますように…

いつもご支援をありがとうございます(^^)

満福こども食堂さんの写真満福こども食堂さんの写真

 

 

 

IR市民説明会が動画配信に!?

「IRの必要性について、私がすべての区を回ってご説明させていただく。」と林市長が言い、18区中12区での説明会が終わった頃にコロナ感染症が広がり始めました。残り6区(泉区もその一つです)は、感染の恐れがなくなるまで見合わせるということでした。緊急事態宣言は解除されたものの、公会堂などに集まることがはばかられる状況です。そこで市長は先週の定例記者会見で、残り6区については、動画配信で説明会を行うと発表しました。これは、議会や市民と約束してきたこととは異なります。

これを受けて今日、私たち立憲・国民フォーラムは『IR市民説明会の動画配信開催の撤回等を求める要望書』という形で、IR市民説明会が未実施の6区での動画での代替開催の中止や、新型コロナウイルスの世界的感染拡大が続く中、事業者の提出した経済効果等を未検証、見直ししないまま計画を進めることはあり得ないので、動画配信の撤回等を求める申し入れを市に対して行いました。

私からは、この事態の中で,IR事業で横浜の経済を支えることができるのか見直しをしたことを踏まえて市民説明会をすべきで、コロナ前と同様の説明を繰り返しても意味がないこと、改めて国に区域整備計画の期間延長を申し入れて、横浜市の財政事情の再検討を行うことを述べました。

市側の受け取り者は、平原副市長、天下谷IR推進室長でした。「まずはIRの意義を知ってもらいたい」(意義があるか見直して!)「この後も、機会があれば市民の意見を聞いていく」(そのためにも見直した数値での説明会をきちんとやって!)と心の突っ込み満載でした。

望月 高徳さんの写真