開所しました。岡津地域ケアプラザ

ここは昨日開所した岡津地域ケアプラザです。先月末の開所式に出席できなかったので今日突撃訪問したら、快く(多分)案内をしていただきました。木材をたっぷり使っているので新築の匂いがありません。地域の大切な場所として多くの人が活用されると思います。
大雨のため、外から全体を撮ることは諦めました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

午後からは大雨警報も出ている中でしたが、南区役所に大都市行財政制度特別委員会のメンバーで視察に行きました。南区と泉区はよく似ています。高齢化が進む地域があり、外国人の方が集まって住んでいる場所があり、比較的自治会加入率があり。これからの大都市横浜市では、それぞれの区がその課題や特徴をとらえ、丁寧に地域づくりをしていく必要があると思います。もちろんそれに各区が力を注いでいます。しかし、なかなか自由に活用できるだけの予算がないことも事実です。横浜市本庁や各局でなく、各区でできることは何で、どれだけ予算を付けられるか、これまでよりいっそうに考えていかなければなりません。

一方で、横浜が特別自治市を目指してより一層国に働き掛けていくことも必要です。11月の初旬に訪れた札幌でも思いましたが、今後、各区のつながりや横浜市と周辺市のつながりがもっと必要になるだろうし、その時にやはり大都市横浜がしっかりした足腰を持っていなければ広域連携はできないと思います。問題は大きいが2040年を見据えた議論がありました。

 

 

 

12月がスタート

神奈川県内の教職員出身の議員の集まり「かな政連」の勉強会で公務員労協の加藤副事務局長から「公務員の定年引き上げの動向等について」伺いました。段階的に引き上げられている年金支給年齢にどう雇用を接続していくか、労働力不足、再任用制度の限界、老親の介護、ワークライフバランス、社会の様々な課題とこの定年延長問題は絡み合っています。具体の制度設計が提示されないままです。

その後の集まりで横浜のカジノ問題を挨拶でお話ししてから外に出ると、県民ホール前の通りがイチョウの色づきでとってもきれいでした。12月に入ったんですね。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

JFE京浜労組OB会の懇親会や地域のソフトボールの会「葛野会」納会などに参加して、カジノの話や旧深谷通信隊のこと、地元の街灯のことなど色々話が弾みました。

 

 

カジノ誘致反対について語りました。

相鉄とJRの直通線が今日から運行という記念の日です。泉区の人口増加につながることを祈りますし、集まり、安心して暮らせる整備をしっかりとやっていきます。

午前中の立場駅で、いよいよ「カジノの是非を決める横浜市民の会」の住民投票実施に向けた署名サポーター集めが始まりました。私は1時間ほどしかいることはできませんでしたが、サポーターを引き受けてくださった方には感謝です。大変な活動ほど、にこやかに軽やかにやりたいです!!

麓理恵さんの写真

そして、午後からふもと理恵市政報告・励ます集いを開催して多くの方に集まっていただけました。

第1部はカジノ誘致の問題とカジノストップに取り組みを議員の皆さんとパネルディスカッションしました。牧山ひろえ参議院議員からは、ご自身も子育て中の母親として横浜にカジノを作ることに反対と力強い宣言を。山崎誠衆議院議員からは、IRとは何なのか、ギャンブル依存症に対応できるのか、韓国の自国民用IR・カジノの悲劇をお話しいただきました。私は、主に市会での市長の発言とその問題点をお話しし、最後には決意表明として市民運動と一緒に住民投票ができるように取り組むことと、カジノに頼らない横浜の財政状況を洗いなおしていくことなどをお伝えしました。松本清県議化議員は、シンガポールやマニラのカジノの現状や県警が治安維持対策にどう取り組めるのかという観点で話していただきました。真山参議院議員は、つい先日国会でIR・カジノ問題について質問をされたばかりで横浜が事業者と契約した倍のそしてその後の問題点を教えてくださいました。参加の皆様が、大変真剣に耳を傾けてくださっていたことが印象的でした。特に今回は、カジノの話を聞きたいと一人で参加くださっている方も多かったように思います。署名サポーターの役割と意義を伝えることができました。

第2部は懇親会でテーブルごとの写真を撮ったり、色々なつながりの方から応援のメッセージをいただきました。合わせてお願いした住民投票に向けたサポーターに申し込みもたくさんいただきました。
とにかく後援会役員のご協力で励ます集いが終わりほっとしています。ありがとうございました

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真石井 あさみさんの写真

 

 

心もおなかも満福な日

緑園都市駅での駅頭活動に向かう信号でそっと傘をさしかけていただいたり、「せめて暖かいおしぼりを!」と届けてくださったり。うれしすぎるじゃありませんか!雨が強まってきたので、30分で終了しましたが、心は暖かい!

麓理恵さんの写真
運営理事会、議案説明、団会議、視察打ち合わせなど昼過ぎまで続いた会議が終わったら、夕方からは満福いずみ食堂のスタップとして活動しました。3時の準備から片付けの8時まで久しぶりに全部働けました。今日は男子高校生が体験ボランティアで活躍してくれて、赤ちゃんの相手を恥ずかしそうにしている姿がかわいかったです。味噌汁を継いだり洗い物をしたりとお疲れさまでした。始めて来てくださった学校の先生が昔の教え子でびっくりししました。周りの人もその関係性にびっくりされてました。メニューのお好み焼きは、昨日届いたイワシの煎餅的なものをたっぷりと練りこんだらぐっと美味しくなりお代わり続出でした。新鮮キャベツとみそ汁の具になった小松菜はいつものNさん提供です。焼き鳥は緑園都市駅そばのそばやさん「ともしび」さんからの提供です。ありがとうございました。冷たい雨の中食べに来てくれた皆さんもありがとうございました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

 

 

 

 

横浜地域連合と

横浜地域連合定期総会が開催され、これからも働く人で横浜を活性化し、働く人の暮らしを守ることをお約束しました。事務局長だったSさん大変な時期にお疲れ様でした。新事務局長のKさんよろしくお願いします。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

満福いずみ食堂に届いた段ボールいっぱいの煎餅?鰯の煎餅的なものや粉になったもの。どんな風に使うのか楽しみだわぁ。それにしてもこんなにいっぱいどうするんだろう。

麓理恵さんの写真

 

 

 

出発式

相鉄・JR直通線の出発式が新駅「羽沢横浜国大駅」で行われました。いよいよ30日スタートです!関わられた全ての方に感謝!
泉区役所1階区民ホールでは中途障がい者の皆さんの泉睦会文化祭開催です。力作が並んでいます。#相鉄jr直通線

麓理恵さんの写真

 

雨の中でもパワフルに

あいにくの雨。外での行事が多いので、いろいろ残念でした。

泉区民弓道大会は半分は室内なのですが、外に向かって弓を射るので、やっぱり影響あります。でも、皆様切っと構えて素敵です。

共働舎のお祭りで、毎年手作り食器を2枚ずつ購入してます。今年は丸いお皿。中田JA、和泉JA農業祭りも雨の中でしたが開催され、シクラメン、スペアリブ、柿、ミカン、白菜、ネギ、ハマポーク、プリン。買い物は楽しい!でも、交通整理にかかわられた安全協会の皆さんや、お店を出されていた皆さん本当にお疲れさまでした。

 

立憲民主党国会議員と

冷たい雨でした。指定都市行財政問題研究会で立憲民主党の枝野代表はじめ政令市の衆参議員の皆さんに要請活動を行いました。私からは、カジノ誘致問題に絡めて「大都市特例事務に係る税制上の措置不足額が横浜市で390億!ちゃんと財政措置があればカジノに頼らなくてもいい、権限と財源をきちんと委譲して大都市制度創設に尽力いただきたい。」と要望してきました。

その後、那谷屋参議院議員の部屋へお邪魔して、視察相談。

麓理恵さんの写真

寒い朝

ついにウルトラライトダウンに袖を通した朝。弥生台駅前からご挨拶です。たくさんの方にチラシを受け取っていただきました。そしてDVの問題でつながった方と会えるのも楽しみな朝でしたが、今朝引越しされることを知りショックこれからもいろいろ教えていただきたいです。

麓理恵さんの写真
来年の満福いずみ食堂のチラシが出来上がったので、代表の飯野さんと一緒に近隣の学校、幼稚園、保育園に配りました。これも5回目となると受け取ってくださる方も「そんな時期ですね」的な雰囲気で、こちらもホッとします。来年も新しい人がきてくれるようになるといいな。

夜は、カジノの是非を問う住民投票直接請求のやり方を何人かで研究しました。なかなかハードルが高いです。でも、たくさんのサポーターを集めたい。

かな政連視察

藤沢の同じ教職員出身の竹村市議にご案内いただき、教職員出身の議員の仲間で藤沢の教育行政視察をおこないました。まずは辻堂にある市の芸術の保存や展示、体験に取り組む浮世絵館へ。商業ビル内に無料での運営と、多くの所蔵作品にため息が出ました。

それから、大川小の最高裁判決を受けて、学校の災害対策の現場へ。藤沢の湘洋中は津波対策として新たに住民の避難を想定した避難校舎を建設。構想策定にあたって地域住民の方々からの署名が大きな推進力になったこと、在籍生徒だけでなく、近隣小学校、保育園、学童、住民、観光客など想定しての受け入れ体制を構築したことなど伺いました。屋上から街を眺めると、中学校の前に国道134号線とその向こうには海。反対側を見るとなだらかに土地が高くなっているものの、高い建物はなくどこまで避難すればいいのかと心配な地形です。今後のまちづくりのなかで、地震、津波、そして風水害など自然災害にどう対応するか、避難所のあり方など考えるなかで先進的なとりくみはとても参考になりました。

最後は、昆明市とのつながりを示す江の島灯台まで登り訪れました。週末土曜日からライトアップが始まるそうですが、事前準備で少し一緒に楽しませていただきました。

集合場所は辻堂なのに、茅ケ崎で降りてしまいご迷惑をかけてしまいました。こういう失敗に本当落ち込む!

麓理恵さんの写真