改定入管法を学ぶ

「いのくら」(県民のいのちとくらしを守る共同行動委員会)の総合分科会が行われました。今回は、改定された入管法について少し勉強することができました。

現在の移住労働者の方は、①在留資格を持つ人②オーバーステイ③技能実習④難民・難民申請中と大まかに分けられます。今回の入管法改定の中で、この技能実習生の処遇については国会でも大きく話題になりました。今回はの改定で新たな在留資格として特定技能1号2号ができました。これまでの技能実習生として5年、そこから特定技能1号で5年、この10年間は家族帯同はできません。また、国は「移民政策ではないから、労働力として10年経ったら帰ってもらいます。入れ替えするので在留管理も強化します。」としています。そう、働く一人の人間ではなく労働力なんですね。そしてこっそり永住許可ガイドラインの就労要件5年から、技能実習5年と特定技能1号の5年間合計10年間をを外しています。実習だから就労ではないということだろうか?永住権を取ってしまうと移民政策になるからだろうか?海外の人と遺書に働き生活することで、多様な柔軟な日本の未来が見えてくるという考えはないでしょうか。

このほかに、外国籍や外国につながる生徒が多い県立鶴見総合高校の今の課題や、信愛塾の取り組みが紹介されました。現場で学びや生活を支える人たちがいることにほっとするけど、どれだけ大変か。
ボーッとして飲み物買ったら熱いお茶が仕方なくカルピスも買いました。チコちゃんに呆れかえられる!

麓理恵さんの写真

 

 

復興支援視察2

復興支援視察二日目の最初は、マグロやカツオの漁獲高誇る港町気仙沼に欠かせない超低温冷蔵庫に入れてもらいました。ここも観洋ホテルさんの系列だから冷凍庫の中にまで入れていただけました。マイナス55度の世界でないとカツオは黒ずんでくるそうです。震災で漁港ふきんの関係施設も壊滅的な被害を受けましたが、こうして復興が進んでいることがわかります。基幹産業は復興しなければ、生活は成り立ちませんから。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

海岸線は防潮堤で囲われて、海が見えなくなりとちゅうアクリル板の窓をつけています。東京オリンピックが決まり建設業者が一気に減ってしまったというお話もうかがいました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

次は南三陸に向かいました。南三陸の中心地にある市民遺構の高野会館は結婚式場でした。(ここも観洋ホテル系列)震災当日は3階の式場で200人以上のシニアの皆さんが演芸発表会をされていました。会館責任者の判断で屋上に避難して全員が命を守りました。そこから見えるあの南三陸の防災庁舎は、周りがかさ上げされているので近くで見ると3階部分しか見えません。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

午後は大川小学校へ。一年半ぶりに語り部の佐藤さんにお会いしてお話を伺いました。学校関係者は是非一度訪れて学んでほしいと思います。

麓理恵さんの写真

今回の視察も塩釜地協の小田島さんが随行してくださり、当時の、これまでの、今の話をしてくださいました。今回出会った全ての方から「来てくれてありがとう」「自分の命を守る」という共通した言葉をいただきました。横浜へ持ち帰ります。そして何度も訪れたいと思います。
また、参加された教職員の皆さんがそれぞれの学校で仲間や子どもたちにたくさん伝えていただきたいと思います。

麓理恵さんの写真

視察の途中で飛び込んできたニュース。林市長まもなくカジノ誘致表明!えっーーーー!

 

 

 

 

復興支援視察1

気仙沼市にやって来ました。年2回行われる浜教組被災地視察です。8年5か月が過ぎてもこの復興支援視察を続けていることは、本当に素晴らしいです。

気仙沼市震災遺構となった元向洋高校は水産高校として有名です(現在は別の場所にこうしゃがあります)。3月10日に開館してすでに5万人の来訪者がありました。教室に突っ込んだ車や校舎の間に流れ込んだ車も遺構としてそのまま展示されています。案内してくださった方からは生徒や教職員の命を守るための避難の様子を伺い、最後には三人の地元の人のストーリーが映像で紹介されます。中学三年生の被災で10日遅れた卒業式の答辞は、震災と津波に打ちのめされながらもなんとか前を向いて成長して行く決意を述べていて、それを支える大人でありたいと思うものでした。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

バス移動で見る車窓はあちらこちらでかさ上げ作業が行われている様子です。

ホテル観洋に着いてからは、ホテルの支配人さんの体験やそこからくる様々な教訓をお話しいただきました。海に近いものの被災を免れたホテルは、避難者の受け入れや、報道関係者の基地になったそうです。今回の視察はこのホテル観洋さんのご尽力で出来上がっています。バスを出していただき、お話をしていただき、明日もいくつかの場所を案内していただきます。

麓理恵さんの写真

今回は親子連れでの参加が6組あり、お子さんの年齢によっての感想も聞くことができました。
明日もみなさんと一緒に学びます。

 

 

 

 

 

 

 

いつもに

お盆のこの一週間は、事務所で調べものや予算要望づくりをしながらも、知り合いとランチをしながら思いっきりお喋りしたり、観たかった映画2本を観たり(それもシニア料金で!)といつもとは違うペースで過ごして来ました。後半に観た「存在のない子供たち」は、12歳の少年の視点から中東の貧困や移民問題をあぶりだしたドラマです。自分を生んだ罪で両親を告訴するという少年の瞳が悲しすぎました。
ご先祖様もあちらに帰られたようで、今日からはいつものペースに戻りました。ほんとうに厳しい暑さの中の暑気払い2カ所で、野党が力を合わせてほしいというお声。中田サマーフェスティバルでは、麓はしっかり地元のことをやってほしいというお声。ありがたいです。特に中田サーフェスティバルは中田連合という大きな連合自治体のお祭りで毎年多くの方が、中田小学校の運動場いっぱいに集まります。役員・関係者の皆様、準備から片付けまで本当にお疲れさまでした。

麓理恵さんの写真

とちゅうはいずみ歌舞伎の練習です。区役所4階を貸してもらえたので、熱中症の心配なく稽古に励むことができました。

映画「新聞記者」

今日は映画「新聞記者」を観てきました。ようやく見ることができました。ほぼ満席です。まさに今の政権を思い起こさせるような事件を取り上げて、よくぞ政策で来たなと思いながら見ていました。そして、「日本の民主主義は形だけでいい」の一言が突き刺さりました。それで満足しない国民はたくさんいるし、その思いをどう政府に伝えられるのか。そして憔悴しきって青白い顔で立ちすくむ松坂桃李君を誰か抱きしめてあげてよーって、心の中で叫びながらでできました。
そして映画の中にも出ていた南彰さんの本を読んで、フィクションの世界とノンフィクションの世界を行ったり来たりした1日でした。

麓理恵さんの写真

 

萩丸交差点

地域の方から話がしたいとしばらく雑談をし、その往復の途中、萩丸交差点の拡幅工事が始まっている様子をみました。地元の皆さんに一定の理解をいただきようやく整備がスタートです。故中島けんごさんも熱心に取り組まれた萩丸交差点の改修です。来年には完成です。暑い中での工事には十分気をつけていただきたいです。

麓理恵さんの写真

午後はいずみ歌舞伎の練習です。区役所1階の区民広場を借りての練習ですが、12時を過ぎると土曜開庁の業務も終了し館内のエアコンはストップしてしまいます。吹き抜けのステキな3階建ての区役所は太陽の光が差し込むんです。あっという間に気温が上がってきます。守衛さんがみかねて扇風機を2台貸してくださいました。30度を超える予想の日は別の場所を貸して欲しい。いくらなんでも辛すぎる。いろいろあるようですが相談してみます。私は、冷房のつけられる会議室での練習組でしたが、それでも先生は汗びっしょり、最後に区民広場でみんなで合わせる場面でいい汗かきました。いやいや危険な汗でした。

 

連続会議

立場駅前の日陰を選んでの駅頭活動です。通勤の皆さんの表情もぐったりな感じでした。明日からお休みに人も多いのではないでしょうか。暑さに負けて、エアコンや水分、休憩と無理しないように過ごしましょう。外の仕事の人ごめんなさい。

麓理恵さんの写真

9時からの会議のため早めに切り上げたのに、道路の混雑で地下鉄に乗り換えたりと焦ってギリギリの到着でした。そのあとは連続会議。運営委員会、特別委員会と午前中は続きました。そして、特別委員会の最初には長崎にむかって黙祷を捧げました。忘れてはいけないことです。
午後からもヒアリングが続いたため、団で計画していただいた視察や勉強会には全く出られなくてごめんなさいでした。

明日からお盆休みの皆さんはどんなふうにお過ごしですか?台風情報にもお気を付けください。

横浜→松本→横浜

10日まで横浜に滞在する予定だった孫たちですが、台風の動きやお盆の混雑を考えて、7日午後に送り届けることになりました。松本の夜と朝はすこーしさわやかな気がしましたが、日中は暑くなりそうです。一泊だけして今日の午後に横浜へ戻りました。孫とのドライブも一人のドライブもどちらも楽しい。
そして今日は満福いずみ食堂の日。毎年お盆前は来訪者が少なめですが、今回も力が入っています。五目ソーメンのツユは出汁がきいているし、しいたけの煮たのは甘辛くていいお味!高校生のNさんが作ったん錦糸卵が破けてなくてすばらしい。キムチも合う〜。野菜と鶏肉の天ぷらは天ぷら番長のKさんが汗をかきながらあげてくれました。初めて来てくれた方は興味津々で次はお孫さんと一緒に来てくれるそうです。私の仕事は会場準備ぐらいで、次へと出てしまいました。ここで作った料理を家でもまねしてやってみます。ソーメンとキムチの組み合わせは、ぜひやってみたいです。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

戸塚泉栄工業会から3区バレーボール抽選会へと流れて行ったとさ。

麓理恵さんの写真

 

 

広島74回目の夏

広島への原爆投下から74回目の今日。松本から遊びに来ている孫の春くんと咲ちゃんを連れて、半日桜木町で遊びました。厳しい暑さなので室内で遊べるところを探してオービィー横浜という室内動物園もどきに行くことにしました。みんな考えることは同じで早くから混雑をしていましたが、どれもみんな見たり聞いたりしたいお兄ちゃんの春君は駆け回り、眠くなるとぐずっている咲ちゃん。めいっぱい料金分楽しんできました。

一方で74年前、原爆投下の地でこどもたちがどんなに悲惨で辛かったか、一生懸命想像することは大事なことで、今日の孫の元気でいての笑顔や泣き顔はこれからもずっと大事にしなくてはならないと、改めて思う1日でした。そして、妹の咲ちゃんがもう少し大きくなったら広島にも一緒に行きたいです。一緒に一生懸命想像したいと思います。
しっかし、体力使います。一緒に遊ぶのは!

暑いけどみんな元気!

昨日松本からやってきた孫の春くんと咲ちゃんとは遊ぶこともできず、夜は早めに帰ってくるから起きて待っててね!と約束して出かけました。

雨の影響で伸びている「みなづき杯ソフトボール大会」が、今日の午後から開催となりました。厳し暑さの中ですが、審判の方や選手の皆さんのおかげで無事に開催できたことにほっとしています。(よくぞ誰も熱中症にならずに終えられました)私は途中、相談者の方が来られたために中抜けさせていただきごめんなさい。次はなんと9月8日。さらに男子決勝戦はまだ未定。お天気に文句は言えません。その都度次の予定を決めてくださる審判団の皆さん本当にありがとうございます。

麓理恵さんの写真

そして、昨日に比べると少ないものの祭りへGO。その中で教え子の家族に出会いました。すっかり素敵なままになり、仕事をしながら組合役員をしている彼女のことは、実はその組合委員長から情報を得ていました。頑張っているなあ。でも、よくよく顔を見ていると小学生でちょこまかとなんにでも興味を示していたころの顔が見えてきました。こうして出会えることのうれしさ。FBでつながれた方もいたりして、お祭りでたくさんの人と出会うことの面白さ。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

家に戻るとちょうど花火を始めようとしていた孫たち。よく遊ぶよね。すごい顔で花火を見ています。

麓理恵さんの写真