2017年最後の投稿です。

情け無いけど、孫たちの看病に出かけ、戻ってきたら夫婦で寝込んでしまいました。胃腸炎ウイルスをお土産にもらってきました。今年最後の満福いずみ食堂も手伝えず、消防団激励にも行けず。孫たち一家は、おおむね元気になったようで安心しました。

12月はずっと体調不良でその合間に視察をして、本会議に出ていたようにふり返ります。元気でいることが当たり前のこの仕事です。休むと会議を欠席して失礼してしまったり、お約束を変更してもらったりとご迷惑かけることばかりです。体をしっかりと温めてできるだけ夜は早めに休むように心がけたいです。運動もしてね。
事務所最後の日ですので、片付けや整理に来ています。

麓理恵さんの写真
2017年は、充実した一年でした。学びたいときに勉強会に参加し、地域の会合に出ていろいろな方とお話をし、議会でも運営委員会理事として仕事ができ、決算特別委員会連合審査で質問にたち、さまざまな後援会行事を楽しめました。支えていただいたすべての皆様に感謝です。そして、2018年の抱負は「健康」に決まりです!
皆さまもお身体気をつけて良いお年をお迎えください!

ご挨拶周り

昨日も今日もいい天気でしたから、年末のご挨拶回りも快調に回らせてもらいました。この一年の様子を伺い街の課題や介護やご自身の体調のことやら話が尽きず、同行して運転してくれたKさんを随分待たせながらでした。
松本に住む娘一家が胃腸炎で緊急出動要請があり、明日行ってきます。二日間看護に掃除にご飯作りに励んできます。クリスマスプレゼントも持って!ほんとうは、歩けるようになった孫の咲くちゃんを見たい、春君の幼稚園での話を聞きたいからですけどね。

麓理恵さんの写真

うれしい!

タウンニュースに満福いずみ食堂の飯野さんが「人物風土記」に載り、次の回は満福いずみ食堂二年目を取り上げてもらい、地元の場所になってきたことがうれしい! 昨日の会合でお魚ゲットしてこれもうれしい!クリスマスですがお魚焼きます。 麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

会議が続き、定例会終了です

午前中の協和い道路に関係するヒアリングから、団会議→運営委員会→本会議→アフリカ議連と会議が続きました。特に本会議では、私ども会派はすべての議案に賛成をしました。賛成をしたら終わりではなく、その後どうすればよりよい方向に迎えるのかということをしっかりと未定かなければなりません。

年が開けたらすぐに予算議会がスタートします。そこにしっかりつなげていきます。

教育について

秋から街角でも署名を集めてきた横浜市教育予算増額要求署名を柏崎副市長に手交する場面に立ち会いました。管理職組合、浜教組(女性部)が一緒です。私も、この場面を浜教組女性部長として6回経験しました。現職女性部長の緊張が痛いほど伝わってきました。これも経験です。がんばって!

そして、横浜市の障がい児教育について課長と話をしました。制度としてのあり方を整理し、その上で現場の声を尊重した障がい児教育を一層進めていただきたいことを伝えました。

東北被災地視察

16,17日の二日間で石巻市、南相馬市を浜教組の皆さんと訪れました。訪れるたびにまだまだ知らないことがあると思うとともに、必死で前へ進もうとする人たちのパワーを感じます。「忘れないこと」しかできないですが、ずっと学んで生きたいと思います。

16日に東京を出発して、震災後7回目の大川小学校訪問をです。大川伝承の会の佐藤さんが、震災前の様子から当日の避難の経路、今後どのように震災遺構として残していくのかなどの説明を伺いながら、入ることができなくなっている場所で、避難すれば助かったと言われている裏山へも入らせてもらいました。子どもの足でも2,3分あれば十分に上れるそして普段の学習でも使っていたなじみの場所でした。なぜきちんと情報が伝わらず、ここへ逃げる判断にいたらなかったのか・・・そして、この間裁判にいたらなければならなかったのには、正確に事実把握をしなかった教育委員会の責任の大きさがあると思いました。ご自身も中学校の教員でいらっしゃった佐藤さんも小学校6年生のお嬢さんを亡くされ、この活動を続けていらっしゃることに強い思いを感じました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

後半は石巻中心部にあるみらいサポート石巻という場所で 当時小学校教頭をされていた佐藤さんお二人から 避難の状況や避難所運営についてお話を聞きました。なんとお二人はご兄弟です。特に弟佐藤さんは大川小学校の教頭として、津波と火災が迫り来る中での住民の避難の緊迫した状況をお話くださいました。(NHKで、その状況を放送されました)今は語り部として活動をされています。情報のキャッチと判断の連続だったことを緊迫感をもってうかがいました。
同行してくださった連合宮城の教えて小田島さんは、移動のバスの中で当時の体験を語ってくださり、改めて備蓄の大切さを 感じました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

一日終わって気づいたこと。今日であった方はみんな佐藤さんで下(バスの運転手さんもです)ちょっと笑いも必要。

17日は、荒浜地区に向かいました。3度目の訪問で、街のかさ上げ工事が進んでいます。荒浜小学校は昨年度末に閉校しましたが、震災遺構として中に入り展示や映像を見ることができます。津波被害を受けた1階の壊滅的な様子と、学校生活がそのまま残ってることの違いが胸にぐっときます。ぜひ一度訪れてみてください。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

その後バスに乗って南へ下りました。

午後は浪江町と南相馬の境にある「希望の牧場」の吉沢さんのお話を聞きました。飼っていた330頭の肉牛の殺処分を拒み、出荷できないと分かっていても、命を全うさせてやりたいと多くの方の共感と支援で、今も300頭の牛を育てていらっしゃいます。原発事故から見えてきたエネルギー問題など各地で語る活動もされています。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく!

プログラミング教育なるものを見せていただきました。前回はアームを動かすプログラミングを、今日は街の商店街を外国の方に紹介するアニメ作りでした。2020年にスタートするプログラミング教育に向けて何が必要で子どもたちの何を育てるのか、現場の先生の声をよく聞きたいです。とにかく新しいことをはじめるには、財源と人に配置をあわせて行ってほしいです。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

警察の取締りでいやな思いをされたことはありませんか?そんな方からご相談をいただき、泉警察署に出かけました。違反を取り消してということではなく、違反者であっても丁寧に説明し対応すべきだということを伝えてきました。私が出かけることを伝えていたからか、大変丁寧な経過報告書をまとめて待っておられました。ひとつ気に係ることは、その報告書の一番大事な部分が、相談者の言い分と違います。いくらいってもその点はかえられませんでした。(創だと思った)とにかく、公権力を行使する人は寄り丁寧によりわかりすくを心がけてほしいです。

 

 

 

 

中田小学校防災拠点訓練

防災拠点訓練が区内3カ所で行われているけど、中田小だけ伺いました。参加者が減って来ていることが気になりました。消防署長からは「大災害の時は救急車は来ない。消火活動を優先する」の言葉で危機感を共有したいです。お土産はポップコーンだそうです。

毎回工夫された訓練が行われていますが、参加者が減っていることが気にかかりました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

この後、島根県海士町にに視察に出かけるのですが、絶対に12日の会議に出席しなければなりません。島根から船で2時間。天候によって船が決行したら目も当てられません。どうなるだろう。教訓:冬の日本海島での視察はダメダメ。

 

 

 

 

学校関係視察

1日が早かった!いずみ中央駅で松本清県議と駅前活動からスタートです。

麓理恵さんの写真

学校など3カ所を視察しました。まずはじめに富士見台小学校の職員室を見せていただきました。職員室って大体前に校長・副校長の机がありそこから向かい合った二つの机の列が右側左側と二列に続きます。側面の棚には学年ごとや教科ごとの資料ががさっと並びます。私には当たり前の姿ですが、ここでは「職場環境改善プロジェクトが立ち上がり6年前から「レイアウトの変更」「ラボの設置」「校務のICT化」を行ってきました。管理職ともまた教職員同士も連絡報告のとりやすい形になっています。これがすぐに教職員の業務の軽減につながるわけではありませんが、何かを変えることで意識のスイッチが入って少しずつ変化していくのでしょう。これを進めるにはそのエンジンになる人が必要です。ここでは事務職員さんと副校長さん、そしてコクヨ株式会社のアドバイザーさんでした。そして、事務室が驚くほど整理されていて驚きました。

次は、今年の9月にスタートした「ひまわり」です。外国から横浜へやってきた子どもたちが日本語や日本での学校生活を学び支援する場所です。自分の学区の学校に通いながら週に3日四週間が在籍できる期間です。子どもたちの真剣な学びの姿勢とそれを支える先生方の指導を見てきました。ここに来ている子どもたちのその後のフォローもできる場所に鳴ってほしいと思います。先生方は非常勤の方が多く働き方としては厳しいですね。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

最後は、現在移転している教育文化センター機能を見ました。東日本大震災以降、耐震性に問題のある関内駅前の教育文化センターは入ることができません。これまで、教育関係者の研修の場所であり、子どもたちの発表の場所であったりしてましたが、それがなくなりました。今は、花咲町のビルの2フロアーを借りています。大小の会議室はありますが、教職員が利用できるのは3時以降のわずかな時間で、稼働率が気になります。今の定例会でも、教育文化センターを売却することの問題が議論されますが、市長は「市の教育文化センター必要」という答弁が出ているので、より弁栄名場所で新たな教育文化センターができることを進めて生きたいと思います。なにせ、家賃800万ですから!!

地元で相談を受けて、急逝された方に逢いに出かけ、泉区地域協議会まで。
充実の一日でした。

 

 

トールペイント

友達の石川さんが綱島でトールペイントの作品展を開催されているのでお邪魔しました。彼女の人がらがあふれる暖かい作品に囲まれて楽しく癒されてきました。どの作品も細かく丁寧です。
もっと作品に囲まれてお話ししていたかったけど、政調会、勉強会などなど続くので、戻りました。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真