ブルーライン脱線事故

今朝はいずみ中央駅で駅頭活動でした。今事故の影響でいずみ中央駅にいつもより多くの人が集まっていました。まだ踊場湘南台間が不通のため、立場まで来た人はバスで戸塚方面に向かおうと長い列を作っていました。日陰がなくて心配です。
横浜シーサイドラインでの逆走事故の原因もまだわからない中、しっかりと安全対策、点検をしなければなりません

横浜市営地下鉄が脱線 一部不通

6日朝、横浜市で市営地下鉄のブルーラインの始発電車が脱線し、ブルーラインは今も一部の区間で運転ができなくなっています。
警察によりますと、今のところけがをした人はいないということです。
また、横浜市交通局によりますと、夜間、点検していた装置をレールの上に置いたまま撤去し忘れ、そこに電車が乗り上げたとみられるということで、詳しい状況を調べています。

6日午前5時20分ごろ、横浜市泉区の下飯田駅の付近で、横浜市営地下鉄ブルーラインの上りの始発電車が脱線しました。
横浜市交通局によりますと、電車は6両編成で神奈川県藤沢市にある始発駅の湘南台駅を出発し、隣の下飯田駅を出て120メールほどの場所で前から5両目までが進行方向の左側に脱線して止まったということです。
警察によりますと、当時、始発電車には乗客およそ120人から130人が乗っていたとみられますが、今のところけがをした人はいないということです。
事故の影響で、ブルーラインは今も湘南台駅と踊場駅の間で運転ができなくなっているため、踊場駅とあざみ野駅の間で折り返し運転を行っています。
横浜市交通局によりますと、6日未明に工事用車両を通すための装置を点検した際、この装置をレールの上に置いたまま撤去し忘れ、そこに始発電車が乗り上げたとみられるということで、市や警察が詳しい状況を調べています。

横浜市営地下鉄ブルーラインが脱線したことを受けて、国の運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣し、6日午前10時すぎから現場で調査を行うことにしています。

横浜市営地下鉄ブルーラインの脱線を受けて、運営する横浜市交通局が6日午前9時から市役所で記者会見し「ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした」と陳謝しました。
横浜市交通局によりますと、運転士は「当時、時速35キロほどで走っていて、衝撃を感じたためブレーキをかけ、およそ40メートル進んで止まった」と話しているということです。
市営地下鉄の脱線は昭和47年に営業運転を開始してから初めてだということで、横浜市交通局は「原因を明らかにし、再発防止に努めます」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">