どうなる、どうするハマ弁

先月の鎌倉市中学校給食に続き、横浜市教育委員会からハマ弁の現状を聞きました。学校とPTAが協力してハマ弁を推進している中学校は喫食率が8割。でも市全体では3%をやっと超えたところ。ハマ弁を中心とした選択制の給食にした時の問題点をまとめていました。150校を抱える広い区域の横浜で、ハマ弁を中心とした給食となると、その調理から配達までの問題が出てきます。区単位や、方面別事務所(4か所)単位で考えていくことも必要かも。いろいろ考えることがあります。

その後、ハマ弁の試食。米粉のカレーです。カレーは汁物のお椀に入っていて、おかず用トレイには、鶏肉二つ。かぼちゃとズッキーニの素揚げ、スイートコーン、こふきいも、キャベツときゅうりと綱の和え物。野菜が多くて美味しくいただきました。ご飯は小盛りを頼みましたが、それでも半分残し、食べ終わるのに15分近くかかりました。給食時間の見直しは必要ですね。

麓理恵さんの写真麓理恵さんの写真

夕方は緑園都市駅前でチラシを配り。お知り合いに会えてハグしてもらったり、選挙についてお話ししたり。暑くも寒くもないので助かります。街頭活動を終えたら、満福いずみ食堂に総菜提供をしてくださる「灯」さんでおそばを食べることを楽しみにしていたのに、満席で入ることができずがっかり。次にチャレンジします。

麓理恵さんの写真

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">