映画「新聞記者」

今日は映画「新聞記者」を観てきました。ようやく見ることができました。ほぼ満席です。まさに今の政権を思い起こさせるような事件を取り上げて、よくぞ政策で来たなと思いながら見ていました。そして、「日本の民主主義は形だけでいい」の一言が突き刺さりました。それで満足しない国民はたくさんいるし、その思いをどう政府に伝えられるのか。そして憔悴しきって青白い顔で立ちすくむ松坂桃李君を誰か抱きしめてあげてよーって、心の中で叫びながらでできました。
そして映画の中にも出ていた南彰さんの本を読んで、フィクションの世界とノンフィクションの世界を行ったり来たりした1日でした。

麓理恵さんの写真

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">