いつもに

お盆のこの一週間は、事務所で調べものや予算要望づくりをしながらも、知り合いとランチをしながら思いっきりお喋りしたり、観たかった映画2本を観たり(それもシニア料金で!)といつもとは違うペースで過ごして来ました。後半に観た「存在のない子供たち」は、12歳の少年の視点から中東の貧困や移民問題をあぶりだしたドラマです。自分を生んだ罪で両親を告訴するという少年の瞳が悲しすぎました。
ご先祖様もあちらに帰られたようで、今日からはいつものペースに戻りました。ほんとうに厳しい暑さの中の暑気払い2カ所で、野党が力を合わせてほしいというお声。中田サマーフェスティバルでは、麓はしっかり地元のことをやってほしいというお声。ありがたいです。特に中田サーフェスティバルは中田連合という大きな連合自治体のお祭りで毎年多くの方が、中田小学校の運動場いっぱいに集まります。役員・関係者の皆様、準備から片付けまで本当にお疲れさまでした。

麓理恵さんの写真

とちゅうはいずみ歌舞伎の練習です。区役所4階を貸してもらえたので、熱中症の心配なく稽古に励むことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">