かな政連視察

藤沢の同じ教職員出身の竹村市議にご案内いただき、教職員出身の議員の仲間で藤沢の教育行政視察をおこないました。まずは辻堂にある市の芸術の保存や展示、体験に取り組む浮世絵館へ。商業ビル内に無料での運営と、多くの所蔵作品にため息が出ました。

それから、大川小の最高裁判決を受けて、学校の災害対策の現場へ。藤沢の湘洋中は津波対策として新たに住民の避難を想定した避難校舎を建設。構想策定にあたって地域住民の方々からの署名が大きな推進力になったこと、在籍生徒だけでなく、近隣小学校、保育園、学童、住民、観光客など想定しての受け入れ体制を構築したことなど伺いました。屋上から街を眺めると、中学校の前に国道134号線とその向こうには海。反対側を見るとなだらかに土地が高くなっているものの、高い建物はなくどこまで避難すればいいのかと心配な地形です。今後のまちづくりのなかで、地震、津波、そして風水害など自然災害にどう対応するか、避難所のあり方など考えるなかで先進的なとりくみはとても参考になりました。

最後は、昆明市とのつながりを示す江の島灯台まで登り訪れました。週末土曜日からライトアップが始まるそうですが、事前準備で少し一緒に楽しませていただきました。

集合場所は辻堂なのに、茅ケ崎で降りてしまいご迷惑をかけてしまいました。こういう失敗に本当落ち込む!

麓理恵さんの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">