1月臨時議会の開催が決定

本日の運営委員会で、IR•カジノの是非を問う住民投票条例を審議する臨時議会が1月6日から1月8日までの3日間で開催されることが決定されました。私たちが提案した全議員による審議は却下されて(下図右側)、常任委員会で審議されることとなりました。

画像

この後会派でIR実施方針(案)の説明を都市整備局から区勉強会を行いましたが、ここでも事前に知らせている質問に全く答えが出てきません。これでは市民が判断する資料にならないと憤る議員もいました。まったくその通りで、開催した私も政調会長として申し訳なく思ってしましました。し常任委員会でも同じ状態でしたから予想はしていましたが、結局、事業者を決めて区域整備計画という国に出す段階にならなければわからない、「IR」ありきで話が進んでしまうということです。

またまたその後は早速議案説明です。ここでも林市長は「住民投票を実施することには意義を見いだしがたい」などと反対する意見を付けて条例案を市議会に提出する方向で、最終的に調整していることが分かりました。署名活動期間の後半で「住民投票の結果に従う」とまで言っていたのに、バッサリ切られました。何とも言えない気分の一日でしたが、請願を出すことができます。1/4(月)正午までと時間はあまりありませんが、すでに「請願出します」と言ってくださっている団体があります。最後まであきらめずに条例制定を目指します。19万3,193筆のおもみをかんじながら!!