東日本大震災から10年

東日本大震災から10年目の今日。被災された皆様はこの日をどういう思いで迎えていらっしゃるのでしょう。10年の月日のご苦労を想像することすらできませんし、身内や知り合いと突然の別れを経験された人の気持ちは月日で区切りがつくものではないでしょう。毎年被災地を訪ねてきましたが、コロナ禍でそれもできません。私にできることは忘れないことと備えることです。

満福いずみ食堂は、食べて震災を忘れないようにと、一工夫するスタッフさんがすばらしい!お渡しする手紙にもホロリとしてしまいました。応援に来てくれた若い人にも伝わったと思います。