癒しの満福いずみ食堂

全然マルチタスクな自分ではではないけれど、いっぱいになっていました。基本あっけらかんとした性格なので、自分の状態に気づけていることは大事で、だから普通に生活しながらバランスを取るにはどうしたらいいのかと考えているもう一人の自分がいます。コロナ禍での(私は別のことが原因ですが)同じような状況の人はたくさんいらっしゃるでしょう。何が状況を改善してくれるか考えましょう。それでもだめなら、きちんと病院に行きましょう。

私の解決方法でした。満福いずみ食堂で、ひたすら玉ねぎを炒め、キャベツを炒めて準備をしていたら、気持ちがすーっと透明になっていく感じで落ち着きました。シングルタスクで集中することがいいのですね。満福いずみ食堂に教えられました。そして、いろいろな食材のつながりを感じながら、豊かな夕ご飯をいただきました。養殖真鯛のから揚げ(あとは揚げるだけ)が四国愛媛県愛南町漁協から届きました。新じゃがの小さいのはゆでてあげてみそだれを絡めて。緑園都市ともしびさんからは厚揚げとひき肉の煮たやつ。

15時から準備をしますが、スタッフとして時々入ってくれているK君が、13時半ごろやってきて「1時間ぐらい手伝えるから、切るものあったらやっていきます!」と、うれしい申し出に、子芋を洗って、玉ねぎを切るところまでやってもらいました。ありがとう。