特別委員会後のピザ

午前中は、「郊外部再生・活性化特別委員会」がありました。横浜市のザ・郊外部泉区選出の議員として、今年度は、この委員会で様々議論をしていきます。「新たな生活志向」をとらえて、郊外部の活性化を考えていきます。生活志向ってすでにあるものなのか、できていくものなのか、それをどのように図っていくのか。とにかくきちんととらえなければならないと思います。また、これまでは、「職住近接」は都心の話でしたが、コロナの影響で企業はオフィスを郊外部や地方に移してきています。これからの「職住近接」は、まさに郊外部の話になっていきます。オープンスペースの活用、ウォーカブルな街づくりなどの言葉が、実際の郊外部の生活にどうかかわっていくのか。

地元に戻り、地下鉄下飯田駅前のファールニエンテでお昼をいただきました。大葉としらす、トマトとニンニクでっかいピザを食べ進めるとお皿に手書きのうさぎが出てきます。パスタもシェアしましたが、お腹はち切れそうでした。地元の方が気軽にランチをしたり、パンを購入したり、外では花の苗も購入できます。

区役所に行くと、コロナワクチン接種予約の特設相談ブースが置かれ、4人の対応員の方と、待っていらっしゃる方もおられました。区役所の用事が終わった時にはブースも片付けが始まっていました。対応員の方からは「苦情を受け付けている」「みんな怒っている」と疲れた様子で話してくださいました。ここではインターネットからの予約のやり方を説明するだけで、予約をお取りする場所ではない。私もそうですが、説明されてる時はわかっているつもりでも、しばらくするとまたわからなくなるので、お困りの気持ち、よくわかります。