満福いずみ食堂を支えるアイデア

緑園都市駅での朝の活動では、ワクチン接種や市立学校のオリ・パラ観戦の状況、生理の貧困対策などお伝えしました。いつも笑顔でニュースを受け取ってくださる女性が、「飴をどうぞ」とくださいました。「お大事に」の言葉がうれしいです。

満福いずみ食堂のメニューは、いただいた野菜を見ながらお昼頃にざっくりと決めます。でも、午後3時の準備開始ごろには、また新たなアイデアが出てきて面白いです。きゅうりが届いたのでわかめと一緒に酢の物にしましたが、大きなボールに入った材料に見事な目分量で醤油、お酢、砂糖を入れて、一発で味が決まるから素晴らしいです。私はストップの声がかかるまで醤油などを注いでるだけです。とにかくアイデアをいっぱい持っているスタッフの力が、素晴らしいです。