子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯への臨時特別給付は今日また動きがあり、10万円一括支給となりました。年末にはお届けできそうです。事務所には、所得制限があるのはおかしいと思うとか、子育て世代だけが大変なのではないとのご意見もいただいています。とてもよく理解できます。

「やっぱり現金給付がいいし、行政の負担も減りますね。」と子ども青少年局の人に言ったら「そりゃぁ、もう!」とのこと。市民が喜び、行政側も負担が少なくて済むことになりました。岸田総理の「聞く力」には感謝ですが、ころころと変更がなされ、行政側も大変混乱しましたし、受け取る方の使いやすさやDVで避難している家庭など想定されることへの対応が不十分です。

子ども青少年・教育の常任幹事会は、保育園や幼稚園を希望するこどもの数の将来見込みを見直し、どのぐらいの人数分の受け入れを考えていくかということが提案されました。また、教育センターの整備事業が動き出します。待ちに待っていた事業です。少し面積的には狭くなるかもしれませんが、教職員等が学べる場になってほしいです。進捗をしっかりとみていきたいと思います。10時から16時までの審議で頭がパンパンです。