教育、こども青少年常任委員会

6日から第3回市会定例会が始まっています。すでに議案関連質疑と一般質問は終わり、議案の賛否を決めたり報告事項を審議する常任委員会に移っています。

昨日は教育委員会、今日はこども青少年局の常任委員会が長時間にわたって、中期計画の素案、教育振興計画、中学校給食の在り方、虐待条例に基づく報告、保留児対策タスクフォース報告などなど重要課題を議論しました。その後も部活動指導についてガイドラインに沿った指導のあり方について指導主事と話したり、中学校給食についてのご意見を伺ったりと、たくさんの議論に耳を傾ける二日間でした。

特に中学校の給食については、中期計画素案の中で全員で食べる「デリバリー方式の給食」が提案されています。私たち会派は、方式は問わないが全員で食べられる給食を進めるべきとこれまで主張してきました。デリバリー方式と提案されましたので、この方式で、生徒が望む「給食の温かさ」をどう担保していけるのか、学校の施設整備はどうなるのか、様々な方面から改めて検証を進めてまいります。

耳の聞こえがあまりよろしくないので、集音器を使ったりしますが、余計に疲れるように感じます。「耳鼻科に行くというですよ」とアドバイスを受けましたが、結局「歳のせい」と言われるんだろうな。