若者と語るヤングケアラー問題

昨日25日に、11月の駅前での活動中に、「ヤングケアラーについて調べているので、話を聞かせてほしい」と声をかけてくれた高校生が、事務所に来てくれました。学校の外国籍の友達が親の通訳をしている話からヤングケアラーに興味を持ったそうです。自分で調べて、ヤングケアラーも支援者もWIN-WINのなるサスティナブルな支援をめざすと、決めたことへ近づくために、話を聞きたいとのことです。すでに東京学芸大学高校探求プロジェクトでも発表していて、提案書がまとまっていました。学校や地域の気づきや専門職とのつながりやゆるく集まれる場所の必要性などを話し合いました。かながわこども目線会議にも出場するということで楽しみです!

そして、今日はのヤフーニュースにヤングケアラー支援法制化のニュースが出ました。注目していきます。

ヤングケアラー支援法制化へ 成人後も対象 対応の地域差解消狙い(毎日新聞) – Yahoo!ニュース